スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私のカントリー」団員:染谷野委(そめやのい)

毎年夏に開催される「清里フィールドバレエ」は私達ダンサーにとって一大イベントであり、我がバレエ団のシンボルとも言える公演です。それはきっと萌木の村にとっても同様であるのだろうなあと、あってほしいなあと、いやあるに違いないと常々思っていてこんな素敵なイベントは私達にしか出来ないだろうと驕っていたのです。良い意味で。
しかしこの空きにとても素敵なイベントに出会ってしまいました。「私のカントリーフェスタ」は清里の土地に素晴らしくマッチした、大自然の中で非日常の世界に浸ることのできる清々しい空間を創っていました。
萌木の村の広場に雑貨やインテリアを売るテントとフードコートが並び、秋の心地良い日差しの中を大勢の人々が楽しそうに歩いて行くのです。ある人は子供の手を引きながら、ある人はビールを飲みながら。
私達はその一角に建てられた特設ステージで踊らせてもらうことになり、くるみ割り人形からの抜粋や創作バレエを上演しました。本当に大勢の人達が買い物するのを中断しバレエを見てくれました。普段と違い明るい中、お客さんの表情まで見える程の距離で踊るもので、それはもうやはり緊張します。ですが、こういったバレエを見るのが目的でここに来ていない人達に自分の芸を見せることが出来るということは、ダンサーとして大きな喜びを実感出来、拍手なんぞ貰えたときにはこれまでやって来たことが間違いではなかったんだ!と大袈裟に熱く思ってしまえるのです。しかしそれは清里の土地の持つパワーと私のカントリーフェスタというとても清潔で温かな雰囲気に助けられていることも忘れてません(踊り終わった直後に「俺すげー!」と一瞬忘れたりもするのですが。)
夏に外で踊るからこそ最高な雰囲気を味わえるのだと思っていたのですが、秋の昼間に外で踊るのはまた違った魅力が気持ちの良いものでした。清里はフィールドバレエだけじゃないんだと嬉しく思う反面うちらも負けてはいられぬという気持ちも湧き上がってきて、来年に向けてミーティングを萌木の村の村長と約束しました。今回2つのイベントが融合できてとても幸福な気持ちになれました。是非来年もやりたいですね、と私のカントリーのスタッフにボソッと言っておいたのできっとまた呼んでくれるはずです。その時は皆様是非清里まで足をお運び下さい。
あ、もちろん夏のフィールドバレエもお忘れなく。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

シャンブルウエスト

Author:シャンブルウエスト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。