スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団員:吉本真由美


『バレエの技術を習得して、美しく舞う。』

バレエの定義を簡単に言えば、こういう事だと思う。


“技術”= 古代ギリシャで用いられていた語・概念「古希: τεχνη テクネー」が、ラテン語の「ars アルス」という語に訳され、フランス語「art アール」、英語「art アート」、ドイツ語「Kunst クンスト」に  引き継がれ、それらの言葉・概念が翻訳され、翻訳語としても用いられている概念である。さらに、現代英語の 「art」が「技術」と訳されていることもあれば、「technique」という言葉が「技術」と訳されていることも あり、さらに、technologyという言葉も「技術」と訳されることもあるので、その意味でも多様に用いられて いる。

“DANCE”(舞う)= ダンスは人類と同様に古く、その発生について詳しいことは分かっていない。現代に残る世界各地のダンスや、古代遺跡・遺物などから、本能的な身体動作、求愛行為、呪術的行為などが初期のダンスではないかと考えられている。しかし確かな証拠はない。 
                                       -百科事典から参照

踊るという事の本当の原点を考えた事がある。バレエが中世のイタリアで生まれたなどのレベルではなく、
もっと原点に。
まだ原始的な生活をしている国でも おもてなし、祝い、祈りなどに“DANCE”が用いられる。

思わず体が動く事で踊りが生まれたならば、“DANCE”というものはとても人間的で血の通ったもの。
技術が“ART”であるならば、芸術的な身体動作を。

現在の“DANCE”という形になる為にたくさんの決まり事を作り、高いテクニックを作る事で舞台芸術になっていたのだと思いますが、“DANCER”であるという事は心情の身体表現をする、もっとも人間的な職業なのではないか、と。

かれこれ35年近くバレエを踊っていますが、今の私の向かいたい方向はテクニックの進歩はもちろんの事、
それ以上に踊りの一つ一つに血が通うダンサーになれたらいいな、と考えながらレッスンする毎日です。


吉本真由美でした。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

シャンブルウエスト

Author:シャンブルウエスト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。